【スト5】波動拳相打ちセットプレイ【ケン】

この記事をシェアする

sfv-ken-hadoken-setplay

【2017/08/17】セットプレイの応用について追記。

どうも、こっとんです。

ケンで3F技持ちに対して埋めるセットプレイを模索していたら面白いセットプレイを見つけたのでまとめてみました。上手く使えば夢のあるセットプレイかなあと思います。既出ネタだったらすいません。

相打ちネタといえば、ウル4のケンの近中K相打ち(最低+7F)を思い出します。相打ちだとその後UC含む必殺技がリバサになるおかげで紅蓮が繋げやすかったですね。まあ相打ちする技によってはノックバックが大きく空振りなんてこともよくあったんですが(というか画面端限定だったような)。

話がそれましたが、早速セットプレイの詳細に移ります。

スポンサーリンク

セットプレイの詳細

入力は、強昇竜ヒット後、前ステ→波動Vトリガー仕込みです。後ろ受け身だとリバサ3F潰しになり自動でVトリガーが発動します。ガードでも発動します。まあ普通ですね。

その場受け身だと、3F技と相打ちになり(Vトリガーは発動せず)、その後の有利Fがキャラによってはなんと+14Fも取れたりします。4F技にはカウンターヒット後発動です。

ちなみに、4中P、立ち中Kタゲコン経由の強昇竜だと有利Fが増えるので相打ちにはなりません。また、強昇竜が2段ヒットorフルヒットしないとダメです。中足先端当てキャンセル強昇竜の場合、1段ヒットになりやすいので注意。立ち弱K、もしくは踏み込み中足からがオススメです。

キャラ限なコンボが多いので表にまとめました。すべて画面中央です。

キャラクター 立ち強K 立ち中K 立ち中P EX波動 強昇竜 EX竜巻 CA 大足 波動 EX昇竜 弱竜巻 中竜巻 強竜巻
リュウ × × × × × ×
春麗 × × ×
かりん × × × × ×
ミカ
ララ × × × × × × × ×
ラシード × × × × × ×
ベガ × × × × ×
キャミィ × × × × ×
バルログ × × × × ×
ネカリ × × × × × × × ×
いぶき
バイソン
ジュリ
コーリン
エド

補足

  • △はフルヒットしません。◎は立ち中Kタゲコンが繋がります。×は届かないorガードです。
  • 小足>立ち弱K>強昇竜のコンボで検証しています。もしかしたら密着具合によって変わるかも知れません。
  • 前ステを上手く入力して早めにニュートラルに戻しておかないと昇竜が漏れます。難しいです。
  • 弱波動で検証しています。波動は弱でも強でも有利Fは変わらない?と思います。
  • ミカに関しては、この他にも中足と立ち弱Kが繋がります。バルログには中足が繋がります。
  • 画面端ではほぼ密着になるので何でも入ると思います。相打ち確認屈強P波動トリガー発動が結構減りますね。しかし、画面端だと後ろ受け身に対して波動が当たらないので使うことはないでしょう。
  • その場受け身バクステには空中食らい後発動になります。この場合追撃できる技が少ないです。
  • ケンの3F弱竜巻は相打ちするとこちらがダウンしてしまうので使えません。
  • CAは生当てより強昇竜をキャンセルしたほうが簡単ですし減ります。
  • 追加キャラは買ってないので不明です。すいません。優しい人情報ください。
  • もし間違っている場合は指摘していただくと助かります。

動画

このセットプレイを応用してみる

このセットプレイの応用すると、画面入れ替えの後ろ投げ(受け身時+11F)→波動(発生14F)で同じことができます。入れ替え時画面端付近限定ですがヒット時のリターンは高いです。画面端では、相打ち時ほぼ密着なので追撃技は恐らく何でもOKです。屈強P>波動>Vトリガー発動がお手軽最大っぽいですね。

また、波動をガードされて自動Vトリガー発動時には有利Fがかなりあるのでその後の通常技に投げを仕込むことによってVリバ狩りが可能です。屈中Pが簡単に投げを仕込めます。

まとめ

このセットプレイですが、画面中央で3F技をブンブン振り回す相手に効果的ではないかなと思います。強昇竜後は暴れポイントですし。特にミカに関しては色々と愛されボディになっているので相打ち確認から最大コンボをしっかり叩き込みたいところです。

ここまで読んでいただきありがとうございました。

こっとん

PC、スマホ、格ゲー、ギターが好きです。
日々の気になる情報や面白そうな事、やってみたことを発信していきます。
スト5ではケンを使っています。
詳細なプロフィールはこちらから

スポンサーリンク

この記事をシェアする

フォローする

この記事をお届けした
PCつけっぱなしの日々の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!