Num Lockランプがついてなくても大丈夫!Keyboard LEDsの使い方

この記事をシェアする

Numlock

新しくPCを買ったけど、キーボードにNum LockランプがついてなくてONかOFFか分からない……そんな時に使えるタスクバーアイコンにNum Lockの状態を表示するソフト、「Keyboard LEDs」を紹介します。

スポンサーリンク

Num Lockキーって何?

ONにするとキーボード右側の数字キー(テンキー)が使えるようになります。
OFFだと、数字下に書いてある矢印、PgUp、PgDnキーなどが使えるようになります。

Num Lockの場所

Num Lockキーは大体この辺にあります。

基本的に常時ONにして使っているんじゃないでしょうか。僕は数字を打つ時テンキーを使う派なんで常時ONですね。

Keyboard LEDsのインストール

早速インストールしてみましょう。もちろんフリーソフトです。

こちらのダウンロードサイトにアクセスします。

「DOWNLOAD EXE」をクリックしてダウンロードします。

DOWNLOAD EXEの場所

ダウンロードしたインストーラーを実行します。

Keyboard LEDsのインストーラー

「Japanese」を選びOKをクリックします。

Installer Language

「次へ」をクリックします。

Keyboard LEDs セットアップ ウィザードへようこそ

ライセンス契約書を読み、「同意する」をクリックします。

ライセンス契約書

インストール先をを選びます。デフォルトでいいでしょう。
「インストール」をクリックします。

インストール先を選んでください。

インストール完了です。「完了」をクリックし、起動してみましょう。

Keyboard LEDs セットアップウィザードは完了しました。

初期設定

基本的にデフォルト設定でOKです。

起動画面

インターフェースが英語ですが、一度設定してしまえば頻繁に変更することはないので気にならないと思います。

各項目を見ていきましょう。

  • Automatically run program on startup

Windows起動時に自動でKeyboard LEDsを起動します。

  • Beep on lock state change

Num Lock、Caps Lock、Scroll Lock変更時に音を鳴らします。

  • Tray Icon

タスクバーをアイコンのデザインを変更できます。色やマークを変更できます。

  • On Screen Display

デフォルトではCaps LockがONの時のみ画面上に表示が出るようになっています。
表示はドラッグで移動できます。

  • Online features

アップデートがある場合に通知してくれるのでチェックを入れておきましょう。

一番下の3つのボタンでONとOFFの切り替えができます。また、タスクバーアイコンを右クリックし[Switch]からも切り替えできます。突然キーが壊れてしまった場合などにどうぞ。

また、このソフトではNum Lock以外に、Caps LockScroll Lockも同時に設定できます。
Caps LockはONにするとアルファベットを大文字に固定します。(常時Shiftが押されている状態)
Scroll Lockは普通は使わないキーなので常時OFFでいいでしょう。

まとめ

いかがだったでしょうか。これでキーボードにNum Lockランプがなくても安心ですね。
この記事が参考になれば幸いです。

こっとん

PC、スマホ、格ゲー、ギターが好きです。
日々の気になる情報や面白そうな事、やってみたことを発信していきます。
スト5ではケンを使っています。
詳細なプロフィールはこちらから

スポンサーリンク

この記事をシェアする

フォローする

この記事をお届けした
PCつけっぱなしの日々の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!